読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーチ文系の就活 -前・中・後-

学生生活・就職活動・社会人生活のことを中心に。派生させていろいろ書きます。

会社選びで知名度なんか気にするな。

就活中 就活の軸

みなさんは部屋探しをしたことがありますか?

大学進学を機に地元を離れたという方は経験があると思います。

私も地方出身で、大学は東京でしたので、部屋探しをしました。

でも東京なんて修学旅行で行ったことがあるくらいです。これから先は一人暮らしになるとはいえ、最初は非常に心細かったです。東京の人は冷たいって聞くし・・・笑

 

そんな不安から、入学先の大学に一人暮らしの部屋は紹介してもらおうという話になりました。しかし、低予算だったこともあり、紹介してもらった物件は散々なものでした。とてもじゃないですが、4年間は住めたものではありません。

ですが、半ば諦めモードで入った大学近くの大手の不動産会社で運命の出会いをします。そこは、同じ予算なのに大学紹介物件とは比べものにならないほど綺麗な部屋だったのです。結局はそこにしてめでたしめでたしになりました。

 

ただ、大学の事は恨みました。上京したてで右も左も分からない地方民の情報不足と不安感につけ込んで、しょぼい部屋で暴利を貪ろうとしている!!!

 

でも後から考えたらこれは違いました。そもそも最初に設定した予算が低すぎたのです。学生時代のアパート家賃は誰に言っても驚かれます。その家賃でその条件が揃ってるのはすごい、と。

 

そうなんです。当たり前のことですが、予算額さえ取っ払ってしまえば部屋探しはグンと楽になります。

お金さえ積めば駅近も綺麗なキッチンもバストイレ別も全部手に入ります。

では就活でこの家賃に相当するものはなんでしょうか。

それが今回のテーマである知名度です。ネームバリューです。

知名度があるという条件さえ取り払えば選択肢は一気に広がるのに。

 

 どうして名の知れた企業を受けたがるのか?

人は知らないというだけで不安になり、知っているというだけで安心する生き物です。

 

最近、格安SIMが流行っています。私もこれに変えたのですが、月々の支払い料金が今までの半分以下になりました。これは周りの知り合いにも伝えねば!!と思って、格安SIMをお勧めしているのですが、変える人って本当に少ないです。断る理由の大半が、「よくわかんなくて怖いから」という理由なんですね。じゃあ知る努力はしたの?と問いたいのですが、それも面倒なようです。

 

知っているからという安心感と、知らないものを知ろうとしない怠け心。これは今挙げた例に限らず、何か新しいことを始める際にあたっては必ず障害になる人間の本能です。知っているものにすがろうとするのは人間としては当然のことなんですね。

 

それに加えて、社会的に名が知られている企業に入れば承認欲求が満たされるということもあります。就職先を答えて、「そこ知ってる!スゴイ!」と言われれば悪い気はしませんからね。SNSを使って全世界に発信したくなるのもわかります。

 

はい、知名度がある会社に学生が群がってしまうのは仕方ないということはこれでわかりました。ただ、学生に知名度があることは企業にとって何を意味するのでしょう。

 

知名度があることは何を意味するか 

学生も社会の中で見れば一消費者に過ぎません。一般消費者の一部です。

つまり学生に知られている会社というのは、

一般消費者に名前が知られる事にメリットがある企業

と言えます。個人の消費意欲をかきたてるために、広告やCMをバンバン打ってるからこそ世間に広く名前が浸透しているのです。

 

結局、有名企業が有名であることが何を語っているかといえば、ビジネスモデルがBtoCであるということだけなんですね。もちろんBtoCとBtoBの両方をやっている会社もありますが。

(※簡単に言うと、BtoCというのは個人消費者を相手にする商売のことです。ちなみにBtoBというのは企業・法人を相手にする商売のことです。)

 

知名度を無視したら選択肢はどのくらい広がるか

知名度があるというのはBtoCであることの証明に過ぎないということなので、次はBtoCのBtoBの市場規模を比較してみましょう。

f:id:lifeiskatorisenkou:20170203113139p:plain

 (経済産業省電子商取引に関する市場調査 調査結果要旨より)

 

これだけの差があるんです!!

経済を動かしているのは、BtoBの世界に生きる企業だということが分かるかと思います。

BtoCといえどその企業と取引している企業が裏に山ほどあるんですね。

その中にはもちろん優良企業もあるわけで。

 

 

今後、このブログで私が見つけた優良企業を紹介していきたいと思いますが、皆さん自身でもこれは掘り出し物だという隠れ優良企業を見つけてみましょう!