読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーチ文系の就活 -前・中・後-

学生生活・就職活動・社会人生活のことを中心に。派生させていろいろ書きます。

やりたいことが見つからないあなたに(就活生向け)

弊社に入ってやりたいことは何ですか?

これはES・面接で聞かれる質問ランキングのTOP5に入る質問です。

ポイントは、「ありますか?」ではなく「何ですか?」と聞いてくるところです。

あることを前提としているのです。

まあ例え、「ありますか?」と聞いてくる企業があったにせよ、「ないです」と答えたらそこでゲームオーバーなのが人生のつらいところです。

 

ただ、こういう人はまだいいです。会社を選び面接に進んだ上での悩みですから、何とでもなります。モノは言いようです。小細工をすればどうとでもなります。就活すれば痛いほどわかります。

 

この記事は、そうではなく、

そもそもやりたいことがないので会社選びの段階から困っている

という意識低い系就活生のためのものです

だってどの就活サイト見ても、やりたいことがあることを前提に就活の進め方が書かれているんですから。

毎年多くの学生が「全然参考にならねぇ!」と怒っているにもかかわらず、この風潮が変わる気配は一向にありません。

 

なので、「20年以上生きてきたくせに、やりたいことが思い浮かばんとはどういうことじゃい!」などというつもりはさらさらありません。

「人生でやりたいことはあるんですけど、やりたいことから仕事につなげられないのです!!」と言いたいのはよくわかります。みんなそうです。あ、じゃあ意識低い系の方向けって書くと失礼ですね。

普通の就活生向けです。少しでも慰めになればと思います。

 

そもそも論:やりたいことってないとダメなの?

「大企業に入ってれば安泰の時代は終わった!自分のキャリアは自分で作れ!」という論調が最近強くなってきている気がします。時代が変わって日本も自己責任の時代に突入してしまったのでしょうか。年金はどんどん減るし・・・笑

 

でも腹の底からこれがやりたいって思っている人って本当に少ないと思うんです。

就活ではみんなあれがやりたいこれがやりたいって言うんですけど、本音からしたら8割の人がそもそも働きたくないと思っているに違いありません。

やりたいことがないのはおかしいことでもなんでもない。普通です。

だがしかし!!

普通の人は内定もらって組織の中に入ることが、食っていくために一番近い道です。

食っていきたいなら就活をしましょう。会社を選んで試験を受けましょう。

 

ただ、現在進行形で就活している人や就活を目前に控えた人に対して、今からやりたいことを見つけなさいというのも無理な話です。

 

そんな方に向けてのご提案がこちらです。

 大切なのは「やりたい」より「できそうか」

欲の前ではどんな人間もマゾになるというのが本能ですから、一見するとやりたいという気持ちを満たせる方が幸せかもしれません。

 

ただ、「やりたい」という考え方は実は危険だったりします。

やれるかどうかという現実的な視点が欠けているからです。

 

子供の頃や就活の初期段階では、消費者として見た時に輝いて見える世界に誰もが憧れます。大きな括りで言えば、マスコミ関係、ゲーム関係、ファッション関係、広告関係などが該当します。少ない枠にたくさんの人がこぞって志願します。しかし綺麗なバラにはトゲがあるのが世の常で、端から見ているよりは厳しい世界が待っています。

 

憧れだけでは務まらない、とはよく言われますが、どんな仕事にも裏があります。自分がモノやサービスの生産者となったと仮定して、やっていけるのか考えて欲しいのです。自分にもできそうかという視点を持って欲しいのです。

 

こう書くと、なんだか自分に妥協しているように聞こえるかもしれませんが、働き続けていく上でとても大切なことです。

合っていないくても、だんだんそこに順応していければいいのですが、すべての人にそれができるとは思えません。

 

 やりたいことが、「将来こうなりたい!」という未来志向の願望だとすれば、

できそうなことは、「これなら続けられる!」という、過去の自分の行動や考えの延長線上にあるものです。

結局は会社に入ってみなければ、仕事をしてみなければ合ってるかどうかは分からないといえばそれまでです。ただ、特に理想に燃えていない人は現実的に考えた方が楽しい生活を送ることができるのではないでしょうか。

夢を追いたい人を止めはしませんが、夢なんかなくても生きていくことは可能です。

 

 

だからやりたいことがなくても心配ありません!現実的な視点で仕事を選びましょう!